体育館の防水工事を成功させるために

雨漏りする家

体育館のような大きな設備で雨漏り対策を実施するなら、防水工事がおすすめです。防水工事には、当然いくつかの施工形態があります。ここでは基本的な施工形態3つを紹介します。

3つの施工形態の主な特徴

膜を作る
液状の材料を現場で塗って作る、という施工内容です。この施工法の一番の特徴は、どのような形状の屋根にも施工可能であるという点です。使用する主な素材はウレタンやFRPなどですが、施工を行なう建物に合わせて適当な素材を選択することができます。
膜を張る
膜上のシートを現場で張っていくこの施工法は、他の方法に比べ施工費用が安めです。しかしシートをいくつもつなぎ合わせる必要があるため、シートのつなぎ目部分が目立ってしまうという懸念点があります。またシートがきちんと接着されていないと、その部分から雨漏りが発生してしまうこともあります。
膜の複合
この施工法は、上の2つの施工法を組み合わせた感じの内容と言えます。膜状のシートと液状のシートを現場で貼り重ねるというもので、上に挙げた施工法の長所を一気に得られる優れた施工法と言えます。ただ施工工程が多くなるという懸念点があります。また施工を行なう際は、独特の臭いが発生してしまいます。

雨漏り修理の依頼先はこのような業者がベスト

雨漏り修理をきちんと行ない屋根の状態を良好に保つには、いわゆる「優良業者」に依頼する必要があります。優良業者と呼ばれるところはいろいろな要素を兼ね備えていますが、特に重視したいのはこれまでの実績数です。たくさんの施工実績を持つ業者は、高い技術力を持っていると同時に業界内外から大きな信頼を得ているところとも言えます。施工スピードも早いので、雨漏り修理を迅速かつ丁寧に行なってくれます。事前に業者のホームページで利用者の感想や口コミを確認しておけば、業者の信頼性も把握できます。このような特徴を持った業者に雨漏り修理を依頼しておけば、施工の仕上がりが雑になり施工費用が高額になるようなことはありません。

TOPボタン